ベイジアコインとはどのような暗号通貨なのか?

ベイジアコインとはどのような暗号通貨なのか?

ベイジアコインはアジアを拠点に流通する暗号通貨

ビットコインに継ぐ暗号通貨として注目されている

baysiacoin(ベイジアコイン)は、ビットコインに次ぐ、プラットフォーム型仮想通貨の一つで開発が行われた、新しいブロックチェーンシステムが組み込まれた注目銘柄です。日本企業が開発を行い、その提供を行っています。また新しいところでは、2016年5月には日本経済新聞にも特集されるほど知名度が上がっています。

ベイジアコインが日経新聞に掲載

仮想通貨は、ビットコインに代表されるように、提供が始まって間もないころは通貨の価値が低いものの、時間が経てば経つほど価値が上昇していくことが多いものです。そのため、先を見通すことに長けている投資家の間では、このベイジアコインも将来的に価値が上がると踏んで、初期の時点からこのマーケットに参入しようとする動きが見られます。

ブロックチェーンプログラムを採用した高いセキュリティーを持つ暗号通貨

投資に関心がある人でも、仮想通貨と聞くとその仕組みが分からなかったり、安全性に問題があるのではという疑問を持ったりして、なかなか手を出しづらい分野ですが、ビットコインを始めとした仮想通貨の普及は世界中で急速に進んでいて、その認知度はかなり高まっています。

暗号通貨のメリットの一つは、ブロックチェーンと呼ばれるセキュリティーの高さにあり、複製される心配がないことから、安心して使うことができると言われています。

というのも、仮想通貨の管理は強力な暗号システムによって守られており、ブロックチェーンと呼ばれる分散型の管理システムを採用しているので、万が一ハッキングされたとしても、世界中に分散されたコンピューターの相互チェック機能により、不正ができないという仕組みになっています。

ベイジアコインもこのような安心できるシステムによって守られている為、安心して取引できます。

投資目的での使用も可能

ベイジアコインとは、商品の売買だけでなく投資目的での利用も可能です。始まったばかりの時に購入しておくことで、将来価値が上昇した時に売り抜けて、売買益を得ることができるので、投資家の間で注目の仮想通貨となっています。

もちろん投資だけで使用できないのであれば、あまり意味がありません。

しかしベイジアコインは、日本で使える中国のクレジットカード会社「ユニオンペイ」との提携を発表するなど、今とても注目を浴びています。またベイジアコインを手掛ける会社は、医療機器製造分野でも第一線で活躍する有名企業です。

ベイジアコインで培ったブロックチェーン技術は、将来医療電子カルテにも応用を検討されています。

ベイジアコインは、仮想通貨として投資として、医療を支える技術としてこれからも発展していくでしょう。

ベイジアコインの口座開設の手順について

2016.07.02

この記事が良かったらクリックしてね♪

≪ライトライズ特集♪≫
ビットコイン月利30%!?
話題沸騰中の投資案件!

ライトライズ(RightRise)は、イギリス政府公認のスピード違反を検挙するレーダーを設置している民間の会社です。
全世界から、レーダーにかかる費用をビットコインで募り、月利30%超の配当に成功している、世界中から注目されている高配当投資案件の一つです。

日本でも2017年から広まり始め、現在13万人超の投資家が集まっています。

>>ライトライズ(RightRise)の登録方法