ビットコインとは

ビットコインとは

仮想通貨の95%を占めるビットコインとは

ビットコインを知ることは、仮想通貨を知る第一歩

ビットコインとは、サトシ・ナカモトという匿名の開発者によってそのアイディアと実際の運営方法が公表され、それ以降世界中で利用されている仮想通貨です。

ビットコインの発表にあたって、ブロックチェーン、すなわち分散型の管理システムのスタイルが同時に公表され、そのシステムが用いられています。

今までは、特定の政府や企業が管理や運営する1か所集中型のシステムが当たり前でしたが、ビットコインのようにピア・ツー・ピアというを専用のサーバーを使うことなく、接続された全てのコンピューター同士が、互いに作動しあうネットワーク形式を採用し、プログラムのソースを公開するオープンソースを採用するデジタル決済システムをさいようしています。

つまり、ビットコインのシステムには、運営に協力する世界中のすべてのコンピューターが管理や、取引の処理を行うことで、よりスピーディーにかつより安全に行うことが可能となりました。

ビットコインと法定通貨との違い

ビットコインは、仮想通貨である故に通貨として認識されています。では、実際に法定通貨との違いをみてみましょう。

銘柄 ビットコイン 法定通貨(日本円)
発行者 システムが自動発行 日本政府
 管理者  P2P ネットワーク参加者が管理 日本銀行
 発行上限額 2100万枚  無
 価値の裏付け システムへの信用 日本政府への信用
 手数料 少額 高額
 取引履歴 公開 非公開

ビットコインで稼ぐ方法

ビットコインを稼ぐ方法には、いつくつかあります。

ビットコインが普及する前は、ビットコインの管理や取引に協力することで、その報酬としていくらかのビットコインをもらうことができる「マイニング」という方法が主流でした。

しかし、現在ではもっと効率的に稼ぐ事ができる方法があります。

  • 投資して利益を上げる方法
  • アフィリエイトで稼ぐ方法
  • 他の銘柄に交換する方法

仮想通貨を利用するにあたっては、どのようにその通貨を手に入れるのかということが一つの問題となります。

特に、ビットコインの場合は取引所がいくつもあるので、その見極めが大切です。

また、ビットコインは世界中自由に送金や受け取りを行うことができますので、他の人からサービスや商品の代価として受け取ることもできるのです。

投資手段の一つとしても注目されている仮想通貨

ビットコインとはインターネット上で流通している仮想通貨なのですが、証券や通常の通貨と同じようにビットコインを売買するマーケットが存在します。日本でもその取引を行う市場があり、売りたい人と買いたい人がタイミングを計って売買を行っています。為替と同じように常に価値が変動しますので、投資対象としても有望であるという見方を持つ人も多く、積極的な投資がなされています。

また、ビットコイン自体を日本円などの現金にすることもできるので、一つの資産保全の手段としても利用されています。

ビットコインに投資する方法

ビットコインに投資したい場合、国内・国外の取引所で行う事が可能です。現在国内では5つの取引所がありますので、使いやすいランキングなどを参考に比較してみてください。

おすすめの取引所は下記より選ぶことが可能です。

初心者におすすめの仮想通貨・ビットコイン取引所の人気比較ランキング

2016.07.05

この記事が良かったらクリックしてね♪

≪ライトライズ特集♪≫
ビットコイン月利30%!?
話題沸騰中の投資案件!

ライトライズ(RightRise)は、イギリス政府公認のスピード違反を検挙するレーダーを設置している民間の会社です。
全世界から、レーダーにかかる費用をビットコインで募り、月利30%超の配当に成功している、世界中から注目されている高配当投資案件の一つです。

日本でも2017年から広まり始め、現在13万人超の投資家が集まっています。

>>ライトライズ(RightRise)の登録方法

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨の投資にどっぷりとハマっているサラリーマン投資家「銀ちゃん」です。 おすすめの銘柄は「BTC・ETH・BSC・XEM・ADA・NOAH・BTU・RightRise」に分散投資しています。 24時間値動きの激しい、仮想通貨市場はこれからが本当の稼ぎどころです。是非、少ない情報で大きな収入を手にしよう!