モナーコインとは2ちゃんねるから生まれた仮想通貨

モナーコインとは2ちゃんねるから生まれた仮想通貨

2チャンネルから生まれた唯一の仮想通貨がモナーコイン

モナ―コインは日本発の仮想通貨

モナーコインとは、仮想通貨の一種で、日本において始まった決済システムです。

当初、2ちゃんねるにおいて、わたなべ氏なる開発者がこの暗号通貨を入手して利用するためのシステムを発表しました。その後、いろいろな開発が加えられて、マニアの間で使用が広まっています。

このモナ―コインを管理して運用するためのシステムは、PtoPとなっていて政府もしくは企業といった特定の管理者は存在しません。

ビットコインと同じように、管理プログラムをたくさんのコンピューターに分散させて行うタイプとなっています。

モナーコインの普及はなかなか進んでいないのが現状

モナーコインとは世界中に存在する仮想通貨の一つですが、主要な仮想通貨と比べると、なかなか普及が進んでいません。認知度も低いということもあり、一部仮想通貨のマニアの間での流通にとどまっています。

また、利用範囲は開発が行われた日本国内がほとんどと見られていて、世界各国への普及はまだまだというのが現状です。ユーザー同士での流通の他、主要通貨への交換が主なモナ―コインの動きとなっています。

仮想通貨の課題の一つとして、実際の商品やサービスにどの程度使えるかということがありますが、モナ―コインの場合は、実店舗での利用がほとんどないため、インターネット上での取引がほとんどです。

取引がスピーディーに行われるというメリットがある

認知度や実際の普及においては課題が残るモナ―コインですが、取引スピードが速く使いやすいというメリットを持っています。

モナ―コインを入手するための採掘作業では、1分半ほどで報酬が得られるようになっていて、スピーディーに処理がなされていきます。この取引スピードが速いというポイントは、今後普及する仮想通貨には最低限必要なポイントです。

さらにスピードと同じくらい大切な、セキュリティーレベル・社会的信用のある会社が運営する仮想通貨が最高のシステムと言えるでしょう。

この記事が良かったらクリックしてね♪

≪ライトライズ特集♪≫
ビットコイン月利30%!?
話題沸騰中の投資案件!

ライトライズ(RightRise)は、イギリス政府公認のスピード違反を検挙するレーダーを設置している民間の会社です。
全世界から、レーダーにかかる費用をビットコインで募り、月利30%超の配当に成功している、世界中から注目されている高配当投資案件の一つです。

日本でも2017年から広まり始め、現在13万人超の投資家が集まっています。

>>ライトライズ(RightRise)の登録方法