ADAコイン(エイダコイン)の第4期プレセール終了目前!仮想通貨投資するラストチャンスです

ADA(エイダ)コインは、第2のビットコイン長者が期待されているプレオープン銘柄

ADAコイン(エイダコイン)について詳しく知ろう

ADAコイン(エイダコイン)の最新情報

  • 2017年1月31日:ADA(エイダコイン)プレセール交換終了!
  • 2017年2月:ADA(エイダコイン)・カルダノ公開予定
  • 2017年1月:ADA(エイダコイン)還元システムAVVMの稼働開始予定
  • 2016年11月25日:第4期のADA(エイダコイン)プレセール開始!
  • 2016年11月1日:第4期のADA(エイダコイン)予約受付開始!
  • 2016年9月20日:第3期のADA(エイダ)交換開始

ADAコイン(エイダコイン)とは

ADAコイン(エイダコイン)は、仮想通貨・ブロックチェーンを主軸にしたオンラインカジノプロジェクト「CARDANO FOUNDATION」が発行するカルダノの基本通貨となる暗号通貨で現在、その開発資金調達の為に第4期に渡ってプレセールを行っている銘柄です。

ADA(エイダ)の語源は、19世紀のイギリス貴族であった、エイダ・ラブレスにちなんでつけられた名前です。このエイダ・ラブレスは、人類史上最初のプログラマーであり、現在では「プログラムの母」として称えられています。

またAda(エイダ)と呼ばれるプログラミング言語も存在しています。

この素晴らしい名前をとったADAコイン(エイダコイン)は、何がすごいのか見ていきましょう。

ADAコイン(エイダコイン)の開発に携わっているパートナーが凄い

ADAコイン(エイダコイン)だけでなく、仮想通貨については、誰が作ったのかという事が価値を左右するポイントです。このADAコイン(エイダコイン)の開発に携わっているのは、現在600種類以上あるとされる通貨の中での取引額第1位・第2位を独占しているビットコイン、イーサリアムの開発を手掛けたあの方。

  • チャールズ・ホスキンソン(開発提携会社IOのCEO)
  • ニコス・ペンテニティス(チーフ)
  • リチャード・ワイルド(マーケティングマネージャー)

上記3名が今回ADAコイン(エイダコイン)の開発に携わっています。

特に開発提携会社IOのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、ビットコイン・イーサリアムを手掛けた仮想通貨業界の第一人者とも言っていいほどの有力者です。

チャールズ・ホスキンソンとは

コロラドを拠点に集うする数学者で、暗号通貨の開発や解析的整数論を学びビットコイン・イーサリアムの開発を手掛け、世に生み出した暗号通貨業界で最も権威ある方です。現在ビットコイン財団を設立。

チャールズ氏がADAコイン(エイダコイン)に携わっているとなれば、将来性に期待できることは簡単に予想がつきますね。

ADAコイン(エイダコイン)の紹介動画

※ADA(エイダコイン)の目的や将来性などを詳しく紹介しています。約6分と長編ですが、とても分かりやすくまとめられています。

ADAコイン(エイダコイン)の第4期プレセールで手に入れたい方へ

ADAコイン(エイダコイン)の安全な交換方法

これだけでも今すぐADAコイン(エイダコイン)が欲しい!と思った方も多いかもしれませんが、残念ながら現在プレオープン前なのでビットコインなどのように、誰でも取引所を開設すれば手に入れる事ができるという訳にはいきません。

その為ADAコイン(エイダコイン)の代理店を介してのみ交換する事ができます。当ブログで紹介しているリンクをクリック頂ければ、直接ADAコイン(エイダコイン)の日本総代理店をされているアテインコーポレーションで交換可能です。

仮想通貨が初めての方は、戸惑うかもしれませんが、通常ADAコイン(エイダコイン)などの仮想通貨は、購入するのではなく日本円やドルを交換するという表現を使います。

もしADAコイン(エイダコイン)630億ADAに交換するには、第4期プレセールで交換しなければいくら欲しくても手に入れる事はできないかもしれません。

それは、世界中の投資家に公開された第4期プレセール開始から既に1ヶ月が経過し、もう終盤に差し掛かっているからです。締め切りは2017年1月です。(売り切れ次第終了)

一般的にADAコイン(エイダコイン)だけでなく、仮想通貨では購入やトレードと言った表現は使用せずに交換するという表現を使用します。その為、当ブログでもADAコイン(エイダコイン)を購入するのではなく交換するという表現に統一しています。

ADAコイン(エイダコイン)の第4期プレセールについて

ADAコイン(エイダコイン)は下記の通り4期にわたって交換が開始され、残りは第4期プレセール(2017年1月31日まで)となりました。

銀行振込の場合は、15:00までの入金となります。ビットコインでの交換の場合は、注文キャンセルメールが届くまで可能です。

そもそもプレセールとは、市場に出る前に、投資家から開発資金を調達する代わりに通常よりも安い価格で提供することを言います。今回のADAコイン(エイダコイン)の例を取ると、第4期では1ADA=0.26セントで交換できるようになっています。

第4期プレセールでADAコイン(エイダコイン)を新規申し込みされる場合は、下記マニュアルがとても参考になると思います。

ADAコインの申込方法を詳しく画像で解説

2016.12.11

ADAコイン(エイダコイン)プレセール公開スケジュール

  • 第1期:800万ドル(日本のみ)交換終了
  • 第2期:1000万ドル(日本のみ)交換終了
  • 第3期:1400万ドル(アジアのマーケット)交換終了
  • 第4期:2800万ドル(世界のマーケット)11月25日プレセール開始!
  • 2017年1月:ADA還元用コードの秘密キー還元システムAVVM稼働予定
  • 2017年2月:カルダノプロジェクト(エイダコイン)公開予定

上記の通り、残すはあと第4期の2800万ドルのみとなっています。ちなみにアジアのマーケットでの募集1400万ドル(58.33億ADA(エイダ))は約1週間で交換終了しました。

あと残すは、第4期の世界マーケット募集2800万ドル(107.69億ADA(エイダ))だけです。

この機会を逃せば、後はプレセール後に取引所を介して交換するしか手にする方法はないので、プレセール前のメリットは手にすることができません。

もし興味がある方は、安心のADAコイン(エイダコイン)オンライン交換がおすすめです。下記ボタンから交換できます。

なお交換は、日本円もしくはビットコインで1000ドル単位から交換可能となっています。

ADAコイン(エイダコイン)が参入するオンラインカジノの現状

カルダノプロジェクト(オンラインカジノ)の現状

世界各国でオンラインカジノ市場は拡大中

ADAコイン(エイダコイン)の魅力が伝わったところで、そもそもオンラインカジノってどうなの?という疑問が湧いてくると思いますので、簡単にご紹介します。

現在日本では、法律によってカジノの運営は禁止されている為、あまり馴染みがないかもしれませんが、カジノ市場は全世界で約22.7兆円規模です。また2016年12月2日には、日本国内でもカジノを運営しようとするIR(統合型リゾート)施設の法案が衆議院内閣委員会で可決されました。つまり近いうちに日本国内でもカジノができるようになります。このようにカジノの勢いは、法律で禁止されていた国にも、普及する勢いがあります。

カジノだけをみても、日本のギャンブル市場(パチンコ・競馬・宝くじ)全てを合算して約24兆円となることを考えると、すさまじい規模であることが一目瞭然です。

カジノ市場の中でもオンラインカジノは4兆円、つまり全体の4分の1を占めるほど急上昇している分野です。この分野に目を付けたのが、ADAコイン(エイダコイン)率いるカルダノプロジェクトです。

スマホ・オンラインゲームの需要拡大が追い風に

ADAコイン(エイダコイン)が注目したオンラインカジノやゲームは、ポケモンGOの人気から分かるように、現在全世界で需要がありますし、日本でも「GungHo」や「コロプラ」「DeNA」など株価や売上高も上昇しています。

またスマホ普及率は、現在8割を超していることを考えると、今後スマホを使ったオンラインゲームが更に拡大していくことは簡単に予想できます。これらオンラインゲームとオンラインカジノとを合わせた市場はなんと、約50兆円市場とも言われています!

このビック市場「オンラインゲーム・カジノ」に新しい風を吹き込んだのがADAコイン(エイダコイン)率いる「カルダノプロジェクト」なのです。

ADAコイン(エイダコイン)に投資するなら今がチャンス!

仮想通貨で稼ぐならADAコイン

ADAコイン(エイダコイン)に秘められたチャンス

カルダノプロジェクトの壮大さを目の当りにして、ADAコイン(エイダコイン)の魅力は伝わったと思います。しかしまだ悩んでいる方が多いのも事実です。

そこで最後に、実際に資料請求フォームからお問い合わせ頂いた内容をご紹介させていただきます。本当に知りたかった情報が手に入るかもしれません。

是非参考にしてみてください。

よくある質問

Q1.カルダノ・ADAコイン(エイダコイン)の公開予定はいつごろですか?

銀ちゃん
2017年1月に還元プログラム「AVVM」が稼働予定となっています。カルダノの公開日は2017年2月に予定されています。※2016年12月27日更新

Q2.ADAコイン(エイダコイン)への交換後どのような形で保持するのですか?

銀ちゃん
2016年11月25日よりADAコイン(エイダコイン)の第4期交換が始まりました。オンライン申込みが完了すると、アテインコーポレーションから請求メールが届きますので、メールの内容に従い、交換希望額を現金もしくはビットコインで支払います。その後、暗号化された認証トークンが発行されるので大切に保管します。

2017年1月頃に認証トークンを使って秘密キー(ADAバウチャー)を発行するAVVMが稼働しますので、それまで大切に保管ください。

※このトークンがADAコイン(エイダコイン)を持っている証拠となりますので、大切に保管ください。

Q3.ADAコイン(エイダコイン)の将来性を教えてください。

銀ちゃん
オンラインカジノは22.7兆円のBIG市場です。この重要あるカジノ市場に、フィンテック技術を取り入れることで、今まで不安視されてきた「公平性、安全性」を高めることができます。

このフィンテック技術でオンラインカジノに革命を起こすのがADAコイン(エイダコイン)率いるカルダノプロジェクトです。

投資に絶対はありませんが、非常に注目される構想である事はまぎれもない事実です。この構想こそがADAコイン(エイダコイン)の将来性を左右します。

Q4.第4期プレセールで交換申込をしたのに返信メールが届かないのはどうして?

銀ちゃん
メールアドレスが、迷惑メールフォルダに入っていませんか?またはブロックされている可能性あります。

調査した結果、登録メールアドレスは「yahooメール 」もしくは「 G-mail」以外では、受信できないトラブルが発生している関係上、カルダノでは「yahooメール 」もしくは「 G-mail」の登録が推奨されています。

Q5.皆さんの平均交換金額を教えてください。

銀ちゃん
投資される方のプランにもよりますが、今回が第4期プレセール最終交換受付となる為、第4期プレセールでは、前回のように最低額の1,000ドル or 1,000BTCではなく、3,000~80,000ドルをADA(エイダコイン)に交換される方が多くなっています。

Q6.既にADAコイン(エイダコイン)を持っていますが、追加購入はできますか?

銀ちゃん
既に交換されている方でも、ログイン画面の下に「追加注文」ボタンがありますので、そちらをクリックすれば「ADAを再度交換注文する」とのページが表示されます。
画面にしたがって入力すれば、再度追加注文が可能です。

交換期限は2017年1月31日となっていますが、発行上限になり次第終了となりますのでご注意ください。

もっと詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせフォームよりご質問ください。

ADAコイン(エイダコイン)まとめ

ADAコイン(エイダコイン)のまとめ

ADAコイン(エイダコイン)の魅力

カルダノプロジェクトの魅力、ADAコイン(エイダコイン)の将来性を説明させていただきました。

実際に、これはチャンス!と、ピンと来た方も多いと思います。昔、ビットコインに将来性を感じ取った方が、のちにビットコイン長者となって数十億の資産を築き上げた話は有名です。

今回の第4期はプレセール中に交換できる最後のチャンスです。

世界初の仮想通貨であるビットコイン誕生から数年たって同様にADAコイン(エイダコイン)のプレセールが始まりました。総発行枚数は630億ADAを予定されているビックプロジェクトです。
ビットコインの発行上限枚数が2,100万枚であることを考えると、とてつもない大プロジェクトであることが分かります。

1,000ドルが高いか安いかは、その時になってみないと分かりませんが、ADAコイン(エイダコイン)に交換しなければチャンスはありません。
残すは11月1日から予約が始まった第4期プレセールだけです。第4期の交換は2017年1月31日までです。

あと残り9日!

チャンスは一瞬!時間は待ってくれないと言う事を肝に銘じておきましょう。第3期は1週間で交換終了してしまいましたが、第4期はどうなるでしょう?

ついに始まりました!

ADAコイン(エイダコイン)への交換方法が分からない方はお気軽にお問い合わせください。下記のリンクから簡単に交換が可能です。

この記事が良かったらクリックしてね♪

仮想通貨の大注目銘柄
ADAコインプレセール
終了まであと8日!

ADAコインは、ブロックチェーンで開発されたオンラインカジノの巨大プロジェクト『カルダノプロジェクト』で使用される仮想通貨です。
最終チャンスの第4期プレセールの交換受付もあと残り僅か!!
泣いても笑っても、プレセール前のADAコインを手に入れる事ができるの今だけです。売り切れる前に行動を!

▶ADAコインの解説はこちら

▶資料ダウンロードはこちら