リップルコインとは

仮想通貨のリップルコインとは

仮想通貨のリップルコインはビットコインとは違う

企業が管理する仮想通貨の一つ

リップルコインとは、Ripple.incという企業が開発した仮想通貨のプログラムで、その管理も同社が行っています。

仮想通貨の管理には、ブロックチェーンシステムを使うことが多いのですが、リップルコインの場合は少し異なる手法を用いています。つまり、管理者が分散しているのでなく、リップル社が管理を一括して行っているのです。

さらに、たいていの仮想通貨システムでは特に利用者の個人情報を確認したり、登録を求めたりすることはありませんが、リップルコインの場合は本人確認を利用のための必須条件としています。ビットコインのような自由度がかなり高いシステムに比べると、制約があるという面も存在しますが、その分安心感が持てると考える人が多くいます。

ビジネスの現場で使われることが多くなっている

同じ仮想通貨でも、ビットコインは個人の利用が多いと考えられるのに対して、リップルコインはビジネス向けの利用が多いという傾向があります。その理由としては、このコインの利用方法がシンプルで管理が簡単であることや、一つの企業が管理しているため、責任の所在がある程度はっきりしていること、いわゆるカスタマーサポートのような対応が受けられるということにあります。

特にアメリカの企業同士、もしくはインターネットで提供されるプログラムやサービスでの活用が進んでいるのが現状です。

リップルコインは取引がスピーディーなのが特徴

リップルコインとは、ある程度管理体制が集中しているシステムの中で運営されている仮想通貨ですので、分散型システムを使った仮想通貨よりも取引のスピードが速いというメリットがあります。

しかし投資対象ではなく、あくまでビジネス向けに開発・管理された仮想通貨なので価値があがることはほとんどありません。また個人投資目的での購入もできなっています。

よって投資として仮想通貨を考えている方は、リップルコインよりもビットコインやベイジアコインがおすすめです。

リップルコインのチャート

リップルコインのチャート

リップルコインの現在価格

リップルコインは一時期9600(XRP/BTC)まで高騰しましたが、投資目的の取引が禁止されて以降、価格は急落。

現在987(XRP/BTC)まで落ち込んでいます。

今が買いのタイミングと思われがちですが、買っても以前のように高騰を期待する事はできません。

そういった背景もある程度知っていないと、仮想通貨の投資はうまく稼ぐ事ができません。

投資をするならば、管理者のいない仮想通貨への投資がおすすめです。

この記事が良かったらクリックしてね♪

≪ライトライズ特集♪≫
ビットコイン月利30%!?
話題沸騰中の投資案件!

ライトライズ(RightRise)は、イギリス政府公認のスピード違反を検挙するレーダーを設置している民間の会社です。
全世界から、レーダーにかかる費用をビットコインで募り、月利30%超の配当に成功している、世界中から注目されている高配当投資案件の一つです。

日本でも2017年から広まり始め、現在13万人超の投資家が集まっています。

>>ライトライズ(RightRise)の登録方法

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨の投資にどっぷりとハマっているサラリーマン投資家「銀ちゃん」です。 おすすめの銘柄は「BTC・ETH・BSC・XEM・ADA・NOAH・BTU・RightRise」に分散投資しています。 24時間値動きの激しい、仮想通貨市場はこれからが本当の稼ぎどころです。是非、少ない情報で大きな収入を手にしよう!