仮想通貨の種類にはどんな種類がある?

仮想通貨の種類・銘柄について

仮想通貨の種類は管理者の有無で判断できる

運用されるシステムによってタイプ分けできる

いくつもの種類の仮想通貨が存在します。かなり大雑把な分け方をすると、運用されるシステムによってある程度のカテゴリ分けをすることができるでしょう。

主流のものとしては、ブロックチェーンを活用したオンライン決済システムがあります。代表例としてはビットコインを挙げることができます。このブロックチェーンのシステムは、世界中のコンピューターを使ってシステムを管理するという仕組みを採っていますので、中央集権的な管理者が存在しません。

そのため、自由度が高いとともに匿名性の高さなど、たくさんのメリットがあります。一方で、世間一般からの信頼性という点では、素人には分かりづらいシステムで運用されているということから、低くなってしまう傾向にあります。

管理者が決まっているタイプの仮想通貨

ビットコインなどのように特定の管理者がいないオンライン通貨とは異なり、管理者もしくは運用者が特定されているタイプのものもあります。その一例がリップルコインでしょう。

このオンライン通貨は一つの企業が運用していて、利用にあたっては本人確認が必要となるなど、いくらかの制約があります。一方で、その分だけ安心感が生じて、ビジネスとしても利用しやすいというメリットがあります。

ネットワークビジネス型の仮想通貨

ネットワークビジネスの商品として仮想通貨を販売している個人の方も多数いらっしゃいます。

もちろん全ての仮想通貨が危険だという訳ではありませんが、オープン前に購入すれば上場後に大金が手に入ると煽って口コミを増やし、プレオープン前に一気に大金を集める詐欺コインなども多いのがこのネットワークビジネスタイプの仮想通貨です。

実際上場されずに終わったり、上場後すぐに価値がなくなってしまったもの、売りたくても売れない仮想通貨もあることから、プレオープン前の仮想通貨は一種のギャンブルとして考える方がいいかもしれません。

  • 実際に上場するのか?
  • 上場後確実にトレードが出来るのか?

など身長に見極める必要があります。

中には、今後発展する仮想通貨もあるかもしれませんので、自己判断で購入されることをおすすめします。

仮想通貨には様々なタイプがありこれから淘汰されていく

このように運用されるタイプによって仮想通貨は大まかに分けられますが、その他にもたくさんの種類が存在します。

一つの国や地域の中でだけ流通しているものもあれば、Tポイントのように通貨とまでは言えないにしても、そのポイント自体に通貨と同じような価値を持つものもあります。

現在、ビットコインは貨幣の代替の価値を持つ仮想通貨としてそんざいしていますが、今後はブロックチェーン2.0といわれる、プラットフォーム型の仮想通貨が人気となっています。

特に、イーサリアムやDAO・NEMと呼ばれるプラットフォームを持った仮想通貨に人気が急増しています。

またアジアに流通する事を目的としたベイジアコインも、投資の対象として日本経済新聞に注目されました。

現在、日本では仮想通貨を貨幣と認識する法改定に進んでいます。

つまり今後は、優れた仮想通貨は機関投資家の投資対象として、高騰することが期待されています。どの銘柄に注目が集まるか、今まさに激動の時代です。

そして間違いなく今が買いのチャンスです。

この記事が良かったらクリックしてね♪

コインチェック特集♪

日本一簡単にビットコインが買える!?
話題沸騰中の取引所!

コインチェック(COINCHECK)は、日本一簡単にビットコインや仮想通貨が購入できる取引所として人気があります。

特にスマホアプリは、他の取引所では使えないような、買売り機能や入金から出金まで簡単にすることが可能で、セキュリティー機能も兼ね備えた、初心者から上級者までが安心して使えるおすすめの取引所です。

>>コインチェックの登録方法

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨の投資にどっぷりとハマっているサラリーマン投資家「銀ちゃん」です。 おすすめの銘柄は「BTC・ETH・BSC・XEM・ADA・NOAH・BTU・XRP」に分散投資しています。 24時間値動きの激しい、仮想通貨市場はこれからが本当の稼ぎどころです。是非、少ない情報で大きな収入を手にしよう!