仮想通貨を取り締まる法律はあるのか?

仮想通貨を取り締まる法律はあるのか?

日本では仮想通貨をモノから貨幣へ認定したことで法律で取り締まるのは明白

仮想通貨に関係する法律はあるのか?

ベイジアコインやビットコインなどのオンライン決済システムは、従来の通貨システムはかなり異なるアイディアのもとに成り立っているため、各国の法整備が追い付いていないのが現状です。バーチャルコインをお金とみなすことができるか、という基本的な決定さえしていないところが多くなっています。

日本もその一つで、利用者が増えているのに対して、ある程度の公式見解がなされているくらいで、はっきりとした法令ができているわけではありません。いくつかの国では、自国の通貨価値を脅かす可能性があるとの理由で、ビットコインなどのオンライン決済システムを制限もしくは禁止しているところもありますが、ごく少数だと言えるでしょう。

法で規制することがかなり難しいタイプのシステム

仮想通貨は、それぞれの国で法が定められていたとしても、しっかりと規制したりコントロールしたりするのが難しいと言えるでしょう。というのも、たいていの仮想通貨はブロックチェーンシステムによって運営されていて、特定の管理者が存在しないため、たとえば国が法令違反だと決めても、それを取り締まる相手がいないことになってしまうからです。

また、利用者にしても、インターネット環境があればどこでも誰でも利用することができるため、実質的な取り締まるが不可能に近い状態となっています。

仮想通貨の不正使用を防ぐための法令整備が進む可能性もある

ほとんどのオンライン決済システムはセキュリティーがしっかりとしていますので、不正アクセスの心配はかなり少ないものの、匿名性が高いなどの理由から犯罪組織に利用されることも考えられます。こうした不正使用を防ぐためにも、何らかの法律が世界各国で敷かれることが将来的には考えられます。

その第一歩として、日本では仮想通貨をモノとしてではなく、決済ができる貨幣としてみなすと発表されました。それは日本経済新聞にも大きく取り上げられ今後の日本では、法整備が急速に進む可能性が高くなっています。

もちろんそれだけではありません。

もともと投資として人気があった仮想通貨なので、法整備が進み貨幣として決まれば、金融商品として投資信託などに組み込まれる可能性もでています。

その為今まだモノとして取引できる内に仮想通貨を購入していく事がおすすめです。

この記事が良かったらクリックしてね♪

コインチェック特集♪

日本一簡単にビットコインが買える!?
話題沸騰中の取引所!

コインチェック(COINCHECK)は、日本一簡単にビットコインや仮想通貨が購入できる取引所として人気があります。

特にスマホアプリは、他の取引所では使えないような、買売り機能や入金から出金まで簡単にすることが可能で、セキュリティー機能も兼ね備えた、初心者から上級者までが安心して使えるおすすめの取引所です。

>>コインチェックの登録方法

ABOUTこの記事をかいた人

仮想通貨の投資にどっぷりとハマっているサラリーマン投資家「銀ちゃん」です。 おすすめの銘柄は「BTC・ETH・BSC・XEM・ADA・NOAH・BTU・XRP」に分散投資しています。 24時間値動きの激しい、仮想通貨市場はこれからが本当の稼ぎどころです。是非、少ない情報で大きな収入を手にしよう!