三菱東京UFJ銀行(MUFGコイン)から始まる日本の金融機関による仮想通貨の活用

東京三菱UFJ銀行の仮想通貨(MUFGコイン)とは

東京三菱UFJ銀行の仮想通貨「MUFGコイン」が金融機関を変える

金融機関によるブロックチェーン活用が活性化する理由

ビットコインから始まった仮想通貨は、現在もの凄いスピードで既存の通貨やサービスを置きかえようとしています。

もうすでに電気料金の支払いや店頭での決済、国際送金、投資対象としてはもちろんのこと、ATMも世界中に普及しています。この革新をどれだけの人が予想できたでしょうか?

その背景には、情報の管理が重要視される時代といことも関係しています。安全性の高い「ブロックチェーン」の技術が高まるにつれて、より高度な金融サービスへの応用が進んでいます。

その1つが今回ご紹介させて頂く、日本最大の金融機関「東京三菱UFJ銀行」での仮想通貨です。

もちろんブロックチェーン開発を行っている国内の金融機関は、東京三菱UFJ銀行だけではありません。

金融機関によるブロックチェーン開発の動き

東京三菱UFJ銀行を始め、国内の金融機関ではブロックチェーンの活用や仮想通貨の開発の動きが活発になっています。

まずは下記をみてください。

金融機関 仮想通貨・ブロックチェーンの動き
三菱東京UFJ銀行  MUFGコインという仮想通貨の開発・運用実験を現在行っています。同時にブロックチェーンの「Chain」と提携して、銀行の主要業務である「約束手形」の発行や流通、管理のブロックチェーン化を進めています。

将来的には、日本円とMUFGコインを両替できるようにし、国際送金のコスト削減を目指しています。

三井住友銀行  金融ビジネスへのブロックチェーン導入に向けて国立情報研究所と提携し、技術の蓄積や新サービス創出の動きを見せています。
みずほフィナンシャルグループ  仮想通貨のスマートコントラスト機能である「契約の自動化」を応用した、「シンジケートローン業務」の契約自動化を、電通国際情報サービス、日本マイクロソフト、カレンシーポートの3社で実験を開始している。

また富士通グループと共同して、証券クロスボーダー取引の実証実験を開始している。

日本証券所  野村総合研究所、野村証券、SBI証券、三菱UFJフィナンシャルグループ、カレンシーポートと共同して、低トランザクション市場での実証実験を開始している。

また「Hyperledger」を利用した低トランザクション市場のブロックチェーンの導入を、国内IT大手「日本IBM」と共同開発を行っている。

※トランザクション・・・取引量のこと

ブロックチェーンを活用すれば高度な金融サービスが実現可能に

現代の銀行業務は、通貨の決済だけではありません。保険や証券、投資などその分野は、多岐にわたりますが、その全ての業務に関連することは、いかに情報を管理するかが、とても重要となります。

この情報の管理において、ブロックチェーンの応用が期待されています。その取り組みの第一歩が東京三菱UFJ銀行のMUFGコインなどの仮想通貨開発です。

もう既に開発は進んでいます。

もちろん、既存通貨と同じサービスを提供するだけであれば、ビットコインがあれば他の仮想通貨は必要ありません。

ビットコイン2.0と呼ばれるような、スマートコントラクトを活用した、より高度な金融サービスが求められています。ブロックチェーン上であれば実現可能です。

こうした背景を持って開発がスタートしたのが、東京三菱UFJ銀行のMUFGコインです。今から運用開始が楽しみの銘柄の1つです。

最新情報があれば更新しますので、楽しみにしておいてください。

この記事が良かったらクリックしてね♪

コインチェック特集♪

日本一簡単にビットコインが買える!?
話題沸騰中の取引所!

コインチェック(COINCHECK)は、日本一簡単にビットコインや仮想通貨が購入できる取引所として人気があります。

特にスマホアプリは、他の取引所では使えないような、買売り機能や入金から出金まで簡単にすることが可能で、セキュリティー機能も兼ね備えた、初心者から上級者までが安心して使えるおすすめの取引所です。

>>コインチェックの登録方法