仮想通貨のVisaプリペイドカード「バンドルカード」でビットコインがより便利に

仮想通貨のVisaプリペイドカード「バンドルカード」でビットコインがより便利に

バンドルカードでビットコインを便利に使おう

国内初のVisaプリペイドカード「バンドルカード」を知ろう

今まで、仮想通貨やビットコインが使えるデビットカードと言えば、ほとんどが海外のものでした。

その為、英語を翻訳したり、カードが届くまで時間がかかったりと、高額な金額をチャージするデビットカードでは、不安な事も多かったと思いますが、ようやくビットコインでチャージができる、国内初のVisaプリペイドカードが誕生しました。

その名も「VANDLE CARD(バンドルカード)」です。

ここでは、バンドルカードがどれほど便利なのか、ご紹介していきます。

バンドルカードとは

バンドルカードとは、Visaの加盟店で使用できるプリペイドカードです。よくあるデビットカードやプリペイドカードと、何が違うのかというと、ビットコインでチャージができるところです。

まずは詳細を見てみましょう。

バンドルカード詳細

デビットカード名 バンドルカード(VANDLE CARD)
ブランド VISA
 入金方法
  • ビットコイン
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ドコモの携帯払い
  • ネット銀行
  • 銀行ATM
  • ギフトコード
発行手数料 300円
年会費 無料
チャージについて
  • 1回あたりの上限・・・3万円
  • 月間の上限・・・12万円
  • 残高の上限・・・10万円
  • チャージ上限・・・100万円

※100万円を超えた場合、カードを再発行します。

運営会社 株式会社 カンム
代表者
  • 八巻 渉
会社情報
  • 住所:東京都渋谷区渋谷2-6-1平塚ビル2階
  • 資本金:2億2343万円
設立年月日 2011年1月
備考
  • 有効期限・・・5年
  • 解約手数料・・・全ての残高
  • 海外事務手数料・・・4.5%

※カードの種類は、リアルカードとバーチャルカードの2種類があります。

バンドルカードの特徴

バンドルカードの特徴は、ずばり使いやすさと安心感です。

今まで上限額の多い海外のデビットカードを使っていましたが、英語表記であったり、分からない事があればその都度サポートセンターに連絡しますが、レスポンスが遅かったりと、高額なチャージが出来る半面、すこし不安な面もありました。

しかし、バンドルカードは国内の会社が運営していますし、サポートはLINE対応となっている為、とてもレスポンスが早いのがポイントです。

またアプリも高性能で、スマホから簡単にチャージ・明細確認まで全てを行うことができます。

チャージには、仮想通貨の取引所「コインチェック」と連動しているのも、使いやすくて便利です。

バンドルカードとWirexデビットカードの比較

デビットカード名 バンドルカード(VANDLE CARD) Wirexデビットカード
ブランド VISA MASTER
通貨 ドル
チャージ上限 12万円/月 約230万円/日
総チャージ額 100万円 制限なし
発行手数料 300円 約2,000円
アプリ対応
サポート対応
運営国 日本 アメリカ

バンドルカードの作り方

もくじ

  1. バンドルカードの公式サイトにアクセス
  2. アカウントを登録する
  3. リアルカードを発行する
  4. バンドルカードの有効化

1.バンドルカードの公式サイトにアクセス

下記のリンクより申し込みをすれば、お得なキャンペーンが適用されますオススメ!

2.アカウントを登録する

まず公式サイトが表示されたら、下記のキャプチャ画面にしたがってクリックしてください。

2-1.「アカウントを登録」ボタンをクリックする

バンドルカードの公式サイトが表示されたら、「アカウントを登録」ボタンをクリックします。

アカウント登録ボタンをクリック

2-2.ログイン情報を登録します。

「ユーザーID」「パスワード」を決めて入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

ログイン情報を登録します

2-3.ユーザー確認情報を登録

「生年月日」「性別」を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

ユーザー情報を入力します。

2-4.電話番号を登録

「電話番号」を入力して、「SMSを送信する」をクリックします。

登録した電話番号に、次の認証番号が届きますので、自分の携帯番号か、すぐに見れる番号を入力しましょう。

電話番号を登録します

2-5.認証番号を入力

上記で登録した電話番号に届いた、「認証番号」を入力します。

間違った場合や、届かない場合は、「変更」「再送信」が可能です。入力後「認証する」ボタンをクリックします。

認証番号を入力する

2-6.入力内容の確認・登録

今までの入力内容に誤りがないかを確認します。問題なければ、「利用規約に同意する」にチェックをいれて、「登録」ボタンをクリックします。

入力内容の内容確認・登録を行う

2-7.バーチャルカードを発行完了

「登録」ボタンをクリックすれば、「バーチャルカードを発行中です」との画面が表示されますので、しばらく放置すれば、「発行完了」の画面になります。

「はじめる」をクリックしましょう。

バーチャルカードの発行完了

3.リアルカードを発行する

バーチャルカードの発行が完了すれば、チャージして使う事ができますが、リアル店舗での使用はできませんので、リアル店舗でも使える実際のカードの発行を行います。

3-1.リアルカードを発行画面に移動する

メイン画面から、表示が薄くなっている「リアル決済使えません」のアイコンをタッチします。次ページの「リアルカードを発行する」ボタンをクリックしてください。

もしこの画面が表示されていなければ、フッターメニューの「カード」をタッチします。

バンデルリアルカードの発行画面に行く

3-2.リアルカードを発行手続き

ここからバンドルカードの発行手続きに入ります。

まずは、手順に沿って1つずつ順番に登録します。

  1. 300円チャージする
  2. 送付先を登録する
  3. 注意事項を確認する
  4. 発行する

この4ステップで、バンドルカードを発行する事が可能です。

バンデルリアルカードの発行手続き

4.バンドルカードの有効化

4-1.同梱物を確認する

バンデルカードが届いたら内容物をチェック

リアルカードの発行より、1週間ほどで、指定した送付先にバンドルカードが届きますので、同梱物を確認します。

  • バンドルリアルカード
  • カードが届いたらの冊子

以上です。

この2つがあれば次にすすみましょう。

4-2.有効化を行う

トップ画面の「リアル決済有効化待ち」ボタンをクリックします。

リアルカードの有効化を行う

4-3.有効化手続きを開始する

有効化まちの画面が表示されたら、「有効化手続きを行う」ボタンをクリックすれば、セキュリティーコード入力画面に移動するので、リアルカードを確認しながら、セキュリティーコードを入力します。

有効化の手続きを行う

4-4.有効化完了

ようこその文字が表示されたら、有効化が完了です。

あとは、使用する分だけチャージして、快適なビットコインのある生活を体験してみましょう。

有効化の完了

バンドルカードまとめ

国産のデビットカードだからこそ使いやすい

バンドルカードは、国内の企業が運営・サポートを行っているので、とても使いやすいサービスです。

またコインチェックと連動している為、ビットコインのチャージはとても簡単です。

今まで、海外のデビットカードを利用していた方なら、その使いやすさにきっと驚かれるかもしれません。

バンドルカード1枚の上限が100万円と少し少ないですが、上限に達したら新しく発行すればいいだけなので、通常使用するなら、とても便利です。

発行に300円かかりますが、あれば便利なビットコインでチャージできるVisaプリペイドカード「バンドルカード」を是非使ってみましょう。

この記事が良かったらクリックしてね♪

コインチェック特集♪

日本一簡単にビットコインが買える!?
話題沸騰中の取引所!

コインチェック(COINCHECK)は、日本一簡単にビットコインや仮想通貨が購入できる取引所として人気があります。

特にスマホアプリは、他の取引所では使えないような、買売り機能や入金から出金まで簡単にすることが可能で、セキュリティー機能も兼ね備えた、初心者から上級者までが安心して使えるおすすめの取引所です。

>>コインチェックの登録方法