リップル(XRP)でエアードロップされる「スパークトークン(Spark)」が12月12日9時に配布。受取方法を解説

リップル(XRP)でエアードロップされる「スパークトークン(Spark)」が12月12日9時に配布。受取方法を解説

スパークトークンのエアドロップって何?

スパークトークンとは

スパークトーキンは、新しく2020年の12月にICOされるアルトコインで、リップルをイーサリアム等のように、XRP Ledger上に「ブロックチェーン上で契約をプログラム化させる仕組み(スマートコントラクト)」を実装する為のプロジェクトです。

「FlareNetworks」を動かす為に、新たにFXRPトークンを発行させますが、このFXRPトークンの担保となるのが、今回リップルと1:1で配布されるスパークトークンとなります。

スマートコントラクトで価格の上昇を達成したイーサリアム。

もしリップルがスマートコントラクトを成功させれば…。

期待で胸が膨らみますね。

エアドロップとは

エアドロップとは、ある条件を満たした仮想通貨所持者に向けて、新しい仮想通貨を無償配布することをさします。

ビットコインがビットコインキャッシュに分裂した際にビットコインキャッシュが配布されました。

直近の事例では、Wavesコインもありましたね。

簡単に言えば、2020年12月12日9時にリップルを保有しているだけで、スパークコインがタダでもらえるということですね。

ただ、それには問題があります。

スパークトークンの受け取り方とは

スパークトークンの配布(エアドロップ)は、8月10日と発表されています。

ただ、スパークトークンの受け取り方法は、まだ正確に案内されていません。

予想ではありますが、何もせずに付与されるのではなくFlareNetworksへ申請することで初めて配布されると思います。

海外ですでに配布を表明している取引所もありますが、やはり安心の日本国内の取引所で取得したいものです。

下記に、おすすめの国内取引所3つ紹介しています。

ただ、現時点2020年12月1日でスパークトークンの配布は決定していませんので、ご注意ください。

スパークトークンが受け取れる?国内取引所を紹介

コインチェック

コインチェックは、僕も使っている安心の取引所ですね。

アプリ、WEBどちらも使いやすく、取り扱うアルトコインの銘柄も多いのでおすすめです。

>>>コインチェック公式サイト

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設して仮想通貨のビットコインやイーサリアムを買ってみよう!

ビットバンク

ビットバンクは、安定の使い勝手が魅力です。

アービトラージによく利用しています。

>>>ビットバンク公式サイト

ビットバンク(bitbank)の口座を開設する方法とは?仮想通貨・ビットコインの買い方・始め方を紹介

GMOコイン

GMOコインのメリットは、現時点(2020年12月1日)で、スパークコインのエアードロップを表明している点です。

必ずスパークコインを入手したい方はGMOコインがおすすめです。

>>>GMOコイン公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

今回は「リップル(XRP)でエアードロップされる「スパークトークン(Spark)」が12月12日9時に配布。受取方法を解説」について開設しました。

リップル(XRP)保持者に、スパークトークンが配布されるというニュースで、一気に暴騰したリップルコインですが、もし日本の取引所が支持しなければ、上場できない可能性もあります。

12月12日までドキドキしながら進捗状況を見守っている状態です。

もし、日本の取引所が表明すれば価格はさらに暴騰する可能性を秘めています。

価格は期待値で価格が変動します。

是非、参考にしてみてくださいね。

この記事が良かったらクリックしてね♪

コインチェック特集♪

コインチェックなら、初心者でも簡単にアプリから購入できるか一番人気の取引所!

コインチェックは、金融庁認定の安心な国内取引所です。

コインチェックのスマホアプリは、使いやすいと大評判。他の取引所では使えないような、買売り機能や入金から出金まで簡単にすることが可能で、セキュリティー機能も兼ね備えた、初心者から上級者までが安心して使えるおすすめの取引所です。

>>コインチェックへの登録方法