仮想通貨の投資セオリー!上級者は『上昇トレンドの押し目買い』で稼ぐ

仮想通貨の投資セオリー!上級者は『上昇トレンドの押し目買い』で稼ぐ

上昇トレンドの押し目買いは初心者におすすめ

上昇トレンドの押し目買いは買いポイント

仮想通貨のチャートをみていると、若干の上下動をしながら上昇するタイミングがあります。

この上がったり下がったりしながら上昇するパターンの中で、一時的な下げを狙う購入方法を『上昇トレンドの押し目買い』といいます。

この方法は、移動平均線やトレンドラインを参考に、チャートをみるだけで買いポイントが分かる為、初心者にも始めやすい方法です。

また、比較的リスクをヘッジできる戦略となるため、投資初心者から上級者までが活用できる方法です。

しかし、問題はタイミングの見定めです。

この押し目買いのタイミングを、どの指標を参考にして押し目買いするのかによって決めるかで結果が変わってきます。

上昇トレンドの押し目買いにおすすめの指標

上昇トレンドを測る指標には、下記の5つの指標があります。

  1. 移動平均線
  2. トレンドライン
  3. 過去の高値
  4. 過去の安値
  5. もみ合い

この5つの指標を元に、押し目を探すことが大切です。

しかし、銘柄や局面によって、その都度指標が変わるため、どの指標を使えばいいのか?ということを考えなければいけません。

つまり『この銘柄に有効な移動平均線は、ないか?』など、常に探してみることが大切です。

上昇トレンドの押し目買いの売買いタイミング

押し目買いの注文はここで出そう!

仮想通貨のチャートを見ながら、上昇トレンドに変わった場合、押し目買いをしていきましょう。

チャートの下値支持線を移動平均線から見つけ出し、指し寝で買い注文を出す方法がおすすめです。

5日や25日移動平均線やトレンドラインを使うことで、より下値支持線が見つけやすくなります。

下値を見つければ、押し目に細かく指し寝で買い注文を出せばいいだけです。

またトレンドラインは必ず上昇トレンドの時にのみ、買いポイントを見つけることが大切です。

押し目買いで買った注文はここで売ろう!

押し目買いで購入できた場合、いつ売るのがいいのでしょうか?

そのタイミングは、ずばり!

  • 移動平均線から大きく上方に乖離した場合
  • 移動平均線をはっきりと割り込んだ場合

この2つです。

このはっきりと移動平均性を割りこむ判断ですが、およそ5%以上割り込んだり、そのまま何日も回復しないようなケースです。

この場合、一旦売却して移動平均線まで戻ってきたら、また買い戻すという方法を繰り返すと、平均的には稼げる方法です。

上昇トレンドの押し目買いのまとめ

初心者から上級者までにおすすめの買い方『上昇トレンドの押し目買い』を紹介させていただきました。

トレンドラインで上昇トレンドを見つけ、移動平均線から一時的な下げを狙う『押し目買い』をマスターして、常勝できるようにコツを掴んでいきましょう。

※参考:相場師郎「株は技術だ、一生モノ!」

この記事が良かったらクリックしてね♪

リゲイン第4期プレセールは、2018年10月1日スタート!

配当型の仮想通貨投資家注目のICOついに開始!マイニングの概念を変える

リゲインは、中央集権化しつつあるマイニング業界を、より「公平・公正」に行う為のプロジェクトです。
期待されていた第1回配当も実施されています。

>>リゲインの購入方法ガイド



リップルの売買をするならビットバンク(bitbank)

全仮想通貨の取引手数料が無料!

ビットバンクは、リップルの取引に定評のある取引所です。全ペアの取引手数料が無料なのがとっても嬉しいですね。100種類のチャート分析機能が魅力のTreadeviewもおすすめです。