ファウンテンコネクト(Fountain Connect)の購入方法を解説!仮想通貨FCTトークンはICOがおすすめ

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)の購入方法を解説!仮想通貨FCTはICOがおすすめ

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のICOで仮想通貨に投資しよう

最新情報

  • 2018年3月1日:第2期プレセール開始
  • 2018年1月24日:2018年9月上場決定
  • 2018年1月15日17:00〜:第1期プレーセール開始
  • 2018年1月12日17:00〜:第1期プレセール事前予約受付開始

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)とは

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のプロジェクトを簡単に解説すると、『寄付活動に関わる問題を解決し、より公正・公平に透明化していく』というプロジェクトになります。

ほとんどの人は、今までの人生で1度や2度は、寄付や募金活動を行った経験があると思います。

例えば、「赤い羽根募金」「コンビニのレジで」「駅のホーム」「ユニセフ」「24時間TV」など。

でも、自分お募金は、どこで・誰に・どのように活用されているのか?

またその結果、どうなったのか?

気になったことはありませんか?

もしも、自分の募金したお金が、どこで・誰に・どのように活用され、どのように役立ったのかがわかれば、とても嬉しくないでしょうか?

それが『ファウンテンコネクト(Fountain Connect)』です!

今回の、ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のICOは、今までの寄付・募金活動の在り方を根本的から変えるプロジェクトなのです。

では、その方法を1つ1つ見て行きましょう。

とその前に、ファウンテンコネクト(Fountain Connect)の公式サイトでわかりやすくて動画でまとめてありますので、いっしょに確認して見ましょう。

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)をおすすめする理由

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のメリット

今までの募金・寄付活動では、動画でもあったように、大きく分けて3つの問題点が問題視されています。

  • 募金団体の不透明な活動
  • 募金が適切に使われない
  • 年間90億円もの送金手数料がかかっている

この問題は、改善することができず放置され続けてきました。

しかし、仮想通貨が登場し、ブロックチェーンを活用することで、公正公平にそして低コストで管理できる可能性が浮上しました。

そこで『レイラ(Layla)』というプラットフォームを開発し、募金活動の問題点を根本からかえる、仮想通貨のICOプロジェクト『ファウンテンコネクト(Fountain Connect)』を立ち上げました。

つまりレイラ(Layla)を活用することで

  • 寄付関する情報を公開し、怪しい寄付金をなくす
  • 寄付金にかかる送金手数料をなくし、必要な人に役立てる

こんな未来が、もうすぐ近くにきています。

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のデメリット

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のビジョンや、投資のメリットが分かったところで気になるのが、本当に大丈夫!?

というデメリットだと思います。

実際に、仮想通貨のICOの9割は詐欺だとも言われている中で、本当に大丈夫なのか?

そういった意味で、ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のデメリットを考えてみたいと思います。

  • 上場しないリスク
  • ICOで売れないリスク
  • 寄付文化が流行らないリスク

上の2つは、通常どのICOにも当てはまるかもしれません。

しかしこのファウンテンコネクト(Fountain Connect)は、2018年9月に上場が決定しています。つまり売れるとうことです。

問題は、最後の『寄付文化』についてです。

実際、日本人にはなじみの少ない寄付文化ですが、海外に目を向ければ数多くの寄付団が、存在していることに気づくでしょう。

そういった事を考慮すれば、ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のデメリットも高いとは言いづらいかもしれません。

もちろん100%安全かどうかは、投資なので分かりませんが、将来性を考えた場合、宝くじを買う感覚でファウンテンコネクト(Fountain Connect)に投資するのもいいかもしれません。

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)の仕組み

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)が使用するレイラ(Layla)は、プットフォームです。

その為、レイラ(Layla)の手順を理解すれば、仕組みは簡単です。

レイラ(Layla)の仕組み

  1. 募金企画者が、ファウンテンコネクト(Fountain Connect)にプロジェクト申請
  2. プロジェクトの寄付受付を開始
  3. アカウントを作成し、トークンを購入しトークンで寄付
  4. プロジェクトの開始
  5. 人工知能(Io)とレイラがトークンを監視
  6. プロジェクト完了後、評価投票を行い募金終了
寄付金が目標額の80%に満たない場合は、寄付トークンは返金されるだけでなく、それまでのトークンの不正移動も人工知能およびレイラ(Layla)によって監視されます。

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のICOについて

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のICOスケジュールについて

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のICOスケジュール

プレセール 第1期 第2期 第3期
期間 2018/1/15 2018/3/1 2018/4/15
目標金額 1000万ドル 1250万ドル 1750万ドル
トークン FCT
FCT価格 3ドル
最小購入単位 0.00025BTC
購入特典
(インセンティブ)
15~30% 12~25% 10~20%
早期購入特典として購入金額に対するインセンティブが設定してあるため、出来るだけ早いタイミングでの投資がオススメです。

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)のまとめ

ファウンテンコネクト(Fountain Connect)について紹介させいていただきました。

寄付・募金活動は、今までも当たり前のようになっていますが、このファウンテンコネクト(Fountain Connect)を活用することで、より自分のお金が、どこで・誰に・どのように役立っているのか?

これが分かれば、本当の意味で広がっていくと感じています。

ここ数年人気になっている『ふるさと納税』。

これは、納税することでより少しでも役立っているという実感を持てるからではないでしょうか?

そういった側面から、私はファウンテンコネクト(Fountain Connect)に投資することは、投資するメリットだけでなく、社会貢献しているという実感も感じることができると思います。

投資家が増えれば、FCTトークンの需要が高まり、値上がりする可能性は高まります。

また2018年9月に上場することが決定しています。

そういった意味で、今回のファウンテンコネクト(Fountain Connect)は500円から購入できる敷居の低さから、より多くの層にニーズがあるでしょう。

まずは、少額からでもファウンテンコネクト(Fountain Connect)に投資するのはありだと思います。

この記事が良かったらクリックしてね♪


リップルの売買をするならビットバンク(bitbank)

全仮想通貨の取引手数料が無料!

ビットバンクは、リップルの取引に定評のある取引所です。全ペアの取引手数料が無料なのがとっても嬉しいですね。100種類のチャート分析機能が魅力のTreadeviewもおすすめです。