今、買うべきICOはこれ!マネーの虎南原社長主導のトーラスコイン(TorusCoin)

トーラスコインのICO投資を解説、マネーの虎南原社長主導の仮想通貨に興味津々

電力の自由化を目指すプロジェクトトークン「トーラスコイン」に投資すべきか?

トーラスプロジェクト(TorusProject)とは

トーラスプロジェクト(TorusProject)とは、WWFなど世界で取り組まれている環境問題の1つ「エネルギー問題」と、NGOが取り組んでいる世界の貧困問題を、「ブロックチェーン技術」を使って同時に解決する日本初のICOプロジェクトです。

エネルギーと世界の貧困問題を同時に解決する?そんなことできるの?

今までの概念では、不可能だった大プロジェクトですが、ブロックチェーン技術を活用するトーラスプロジェクトなら、もしかしたら可能になるのではないか?と期待されています。

実は、現在世界中で起きている貧困問題は、エネルギーを十分に活用できていない事との関係性が高く、このエネルギー問題を活用することができれば、世界規模で2つの大きな問題を同時に解決できることがわかっています。

簡単に言えば、エネルギー格差が貧困格差を生んでいるということです。

しかし問題点は、単純ではありません。もっとも問題が難しくなっているのがインフラの整備問題です。

スマートコントラクト搭載のカーシェアリングが未来を変える

『インフラとは、送電線や発電設備なのインフラストラクチャーの略で、基本的な生活基盤のことをさします。』

簡単に言えば、風力発電に適した場所であっても、送電網がないために風力発電をすることができないような、問題が世界各国に存在しています。

そこで、活用するのが「電気自動車」の活用です。

トーラスプロジェクトが、カーシェアリングサービスの一環として「スマートコントラクトを搭載した電気自動車」をシェアリングすることで、インフラ整備がなくても電気が送電できる仕組みを構築します。

この仕組みなら、インフラ整備がされていない国であっても、エネルギーを送ることが可能です。

動画を観てみよう

分散型プラットフォームが電気事業にも応用?

トーラスプロジェクトがすごいのが、今まで、電力供給は電力会社から一方的に送られてくることがシステムでしたが、トーラスプロジェクトなら、完全独立した国民一人一人が、電気の消費者にも生産者にもなることが可能となります。

しかし1度で解決できる規模ではないため、8段階のマイルストーンが設定されています。

トーラスプロジェクトのロードマップ

  • 2018年3月:ICOスタート
  • 2018年2Q:トーラスプロジェクト投資先の選定
  • 2018年3Q:電気自動車充放電技術の確率
  • 2019年1Q:電力売買マッチングシステム開発
  • 2019-2020年:特定地域での実装
  • 2020年:日本から海外への事業展開
  • 2021年:無輸送電インフラ情報の研究開発支援
  • 2022年:次世代エネルギー装置の研究開発支援

トーラスプロジェクトは、2017年から始動し、システムの稼働はすでに始まっています。まずエネルギーを活用するためには、世界のインフラ整備が必須と考えているため、を第一目標に立てています。

トーラスコインについて

トーラスコインとは

トーラスプロジェクトのICOで使用されるトーラスコインは、カーシェアリングの貸し出しサービスの決済手段として利用できます。スマートコントラクトを搭載している車なら、わざわざ現金やクレジットカード登録などしなくても、自動的に支払うことが可能となります。

トーラスコインは、どうすれば手に入るのでしょうか?

ICOの詳細

  • 期間:2018年3月16日〜3月31日
  • 発行枚数:700億枚
  • 総発行枚数:1000億枚
  • 対応通貨:ETH
  • 価格:35万TORUS /ETH
  • 最低購入価格:0.01ETH
配布されなかったトークンについては、ロップアップが行われます。

トーラスコインのICOに参加メリットは?

トーラスコインのICOに参加するメリットは、上場によるキャピタルゲインのメリットです。また値上がりした際には、カーシェアリングでも決済することができます。

鍵を握る「マネーの虎」南原社長とは?

一世を風靡した人気番組「マネーの虎」の創始者で、「冷酷の虎」と呼ばれた南原社長が、今回のトーラスコインのICOを主導されています。

南原社長と中神明氏との対談がありますので、その熱い想いを観てください。

ICO投資するならリスクは把握しよう

トーラスコインに限らず、仮想通貨のICO投資は数々のリスクが存在します。

  • 盗難やハッキングリスク
  • ICO規制リスク
  • 法改正のリスク

など、予期せぬリスクも多数存在しているため、ICOへの参加は慎重にしましょう。

今回のトーラスコインは、すでに始まっているICOプロジェクトなので、プロジェクトが行われないリスクは回避できそうです。

この記事が良かったらクリックしてね♪

リゲイン第4期プレセールは、2018年10月1日スタート!

配当型の仮想通貨投資家注目のICOついに開始!マイニングの概念を変える

リゲインは、中央集権化しつつあるマイニング業界を、より「公平・公正」に行う為のプロジェクトです。
期待されていた第1回配当も実施されています。

>>リゲインの購入方法ガイド



リップルの売買をするならビットバンク(bitbank)

全仮想通貨の取引手数料が無料!

ビットバンクは、リップルの取引に定評のある取引所です。全ペアの取引手数料が無料なのがとっても嬉しいですね。100種類のチャート分析機能が魅力のTreadeviewもおすすめです。