ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは分散型の管理システムのこと

ブロックチェーンがはじめての方へ

ブロックチェーンと聞いても、何の事かさっぱり分からないという人も多いはず。そんな私も、初めて仮想通貨に興味を持った時は、今ほど資料もなかったのでさっぱり分かりませんでした。そこで、はじめての方でも分かりやすいようにブロックチェーンについて解説していきます。

何らかの情報やプログラムなどをインターネット上で管理する方法はいくつかあります。そのうちの一つがブロックチェーンというものです。

ブロックチェーンとは、分散型の管理システムということができるでしょう。

通常、何らかのシステムは個人や企業、公共機関など特定の機関が管理、運営しているものです。いくつかのサーバーの中にプログラムとデータが収められていて、一元管理がなされています。

一方、このシステムは、世界中のコンピューターに分散して、データや管理プログラムが置かれています。つまり、特定の管理者が存在せず、管理に協力しているすべてのコンピューターが共同管理者となるのです。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンとは、データがすべて分散されること意味しますので、データやプログラムが失われたり破壊されたりすることがありません。通常の一元管理システムだと、運営している機関がつぶれてしまったり、データを保管しているサーバーなどが破壊されてしまうと、そのプログラムとデータも失われてしまうことになります。

しかし、分散型のシステムだと、すべての連携するコンピューターにデータが入っていますので、世界中のすべてのコンピューターが同時にダウンするという事態が生じない限りは失われないのです。

信頼性という面でもプラス

一元管理しているデータの場合は、管理する機関が不正を働く、もしくは不正アクセスによって情報が改ざんされる可能性があります。

しかし、分散型のシステムだと皆がデータを持っていますので、情報の確実性をチェックすることができて、不正が生まれないという環境となっているのです。

ビットコインの開発者である「サトシ・ナカモト」氏が作成したブロックチェーン技術は、イーサリアムやライトコインなどにも生かされています。

現在仮想通貨では、ブロックチェーンこそが最高のシステムであると言えるでしょう。

この記事が良かったらクリックしてね♪


リップルの売買をするならビットバンク(bitbank)

全仮想通貨の取引手数料が無料!

ビットバンクは、リップルの取引に定評のある取引所です。全ペアの取引手数料が無料なのがとっても嬉しいですね。100種類のチャート分析機能が魅力のTreadeviewもおすすめです。