仮想通貨では異例!日本経済新聞が注目したベイジアコイン

大手メディアに特集されるのベイジアコイン

日本経済新聞にに特集されるたはベイジアコインの技術力と将来性

ベイジアコインは第二のビットコイン最大候補

現在、国内外において仮想通貨や暗号通貨として取引されているものは、600種類以上あります。実際にはプレオープンすらしていないものや無登録なものまで合わせるとその何倍もの数になると言われています。

その中で、どうしてベイジアコインが有名な日本経済新聞に特集されたのでしょうか?

それはベイジアコインに採用されているブロックチェーン技術の品質の高さに加え、実際に流通額、そして将来性が高く評価されている証拠です。

ベイジアコインの目的は、東京オリンピックなどこれから海外の方が来日することが増えてきます。そしてアジア各国に旅行にくることも増えます。そんな時に、アジアに銀行口座がない外国人も手軽に国際送金ができる仕組みをつくることです。その為の手段がこのベイジアコインなのです。

実際に、仮想通貨という名前だけ用いて、仮想通貨として機能してないものや、ICO(株でいうと新規発行株)のようにプレオープンすれば金額が一気に上昇するというメリットだけを知識のない方に説明して、投資目的で販売している詐欺コインなどによる被害が多くなっているのが現状です。そんな中で、しっかりとした目的をもった仮想通貨だけが残り、価値を高めていくと考えています。

仮想通貨市場は、これから急成長を行っていくでしょう。だからこそこれから伸びる仮想通貨に投資することで大きく利益を得ることは可能だと考えています。

日本経済新聞にベイジアコインが掲載されました

ベイジアコインが日経新聞に掲載

日経新聞「迫真」で明らかとなった将来性

ベイジアコインは、2016年5月19日に有名新聞社「日本経済新聞」の迫真というコラムに掲載されました。これはベイジアコインが、仮想通貨として安全でかつ高い技術力を持っていると客観的に評価されている証拠です。

現在ベイジアコインは、ビットコインやイーサリアムと並ぶ、仮想通貨であり、国内外で将来性の高い仮想通貨として高い評価を受けています。

今買うならベイジアコインがおすすめ

株では、このタイミングは買うタイミングです。もちろん仮想通貨でも購入するタイミングです。

まだ注目されはじめたばかりの仮想通貨ですが、法整備が行われるであろう2016年秋以降、投資家の参入が顕著化してくるでしょう。そうなると現在のビットコインのように買いたくても高くて買えないという仮想通貨が増えてくるかもしれません。

だからこそ、まだ新規流通をしていて、口座開設や口座維持手数料のかからないこのタイミングは、ベイジアコイン購入には絶好のタイミングです。これが上限発行枚数に到達した際には、価値が一気に上昇する可能性が大いにあります。

もちろん仮想通貨はベイジアコインだけではありません。不動産REITを仮想通貨で実現したビットプロパティ―などにも注目していますが今は購入することができません。第3プレセールを待っている状態です。

そこで今はベイジアコインが人気ですね。

日本経済新聞に掲載されたことでさらに価値の高騰が期待できるでしょう。

この記事が良かったらクリックしてね♪


リップルの売買をするならビットバンク(bitbank)

全仮想通貨の取引手数料が無料!

ビットバンクは、リップルの取引に定評のある取引所です。全ペアの取引手数料が無料なのがとっても嬉しいですね。100種類のチャート分析機能が魅力のTreadeviewもおすすめです。