仮想通貨の投資がはじめての方へ

仮想通貨のしくみを理解しよう

仮想通貨への投資が向いている人

主婦の副業

専業主婦の副業

住宅ローンや子供の学費・老後の備えの為に

サラリーマンの副業

サラリーマンの副業

給料だけでは辛いと感じるサラリーマンに

投資家・経営者のサイドビジネスに

投資家・社長の資産運用

ハイリターンが期待できるから資産形成に最適

仮想通貨への投資は、株やFXに比べて始めやすく、24時間トレードできる投資案件として主婦やサラリーマンの副業に人気が出ていますが、投資リスクも存在するのでしっかりと勉強してから初めてくださいね。

そもそも仮想通貨ってなんなんですか?

仮想通貨について理解しよう

仮想通貨投資が初めての方へ

仮想通貨とは

仮想通貨とは、暗号技術を使って世界中で価値のやり取りを可能にした、ブロックチェーンによる暗号通帳・つまり電子通貨のことを指します。

電子通貨と言えば、電子マネーnanacoやSuicaなどと同じうように感じますが、仮想通貨は、管理者存在しなくても改ざんされない暗号技術『ブロックチェーン』を採用している点が異なります。

また、今まで仮想通貨とビットコイン(BTC)を同意味で解説していましたが、現在ビットコインは、仮想通貨市場全体の46%までシェアを下げ、ビットコイン以外の銘柄『アルトコイン』の人気が出てきたため、ビットコインだけでなくアルトコインについても解説していきます。

仮想通貨は、正式には「暗号資産」と言いますが、仮想通貨や暗号通貨、単にビットコインという呼び方をする場合もあります。当サイトでは、一般的に認識されている名称である『仮想通貨』を用いて説明していきます。

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設して仮想通貨のビットコインやイーサリアムを買ってみよう!

2016.07.18

仮想通貨・ビットコインが開発されたきっかけ

仮想通貨・ビットコイン、2008年10月31日に「サトシナカモト(Satoshi Nakamoto)」と署名された「Bitcoin:A Peer-to Peer Electronic Cash System」という論文が始まりです。この論文発表がきっかけで、世界中のプログラマーによって開発されたのが、世界初の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」です。

こうして開発されたビットコインは、完成と同時に世界中のプログラマーに配布され、一部のマニアでの取引に使用されていました。しかし当時は全く価値のないものでしたが、2010年5月22日に「Laszlo Hanyecz」というプログラマーが注文した、2枚のピザの支払いにビットコイン10,000枚が利用されたことがきっかけで、ビットコインは金銭的価値を持つようになり、投機対象として世界中に広がっていきました。

現在でも、仮想通貨に興味がある人々が中心となって、ビットコインが世界で初めて支払いにしようされた5月22日に、ビットコインの金銭的価値への記念に、ピザを囲んでお祝いする「ビットコイン・ピザ・デー」というイベントが、世界中で開催されるようになりました。

仮想通貨に投資する理由

仮想通貨に投資する理由は、いま現在お金持ちかどうかや社会的地位があるかどうか関係なく、誰にでも平等に大きく稼ぐチャンスがあるからです。

サトシナカモト氏が考案した仮想通貨「ビットコイン(BTC)」は、誕生からもうすぐ10年を迎えます。

仮想通貨の歴史を振り返ると、2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、世界中の著名人が口に出すほどの盛り上がりを見せました。

その結果、ビットコインは、当初1bit=0.00076ドルから、最高約20,801ドル、日本円で2,350,517円(2017年12月8日)を記録しました。

寝て起きたら、億万長者になってた…何て話をあちこちで耳にしましたよね。

ビットコインは、0.00076ドルの価値から始まりましたが、通貨の未来や可能性を感じた投資家達によって、驚くほど成長し続けています。

この成長を見守っている人たちは、「億り人(おくりびと)」と呼ばれるようになりました。また100BTC以上保有している億り人たちの会「サトシクラブ」というものも存在しています。

しかし、2018年にコインチェックのハッキングを期に、まさかの大暴落が起こりました。

仮想通貨の価格は下げ、ビットコインの価格は4,216ドル(日本円で474,413円)と1年で約5分の1まで下がりました。これで仮想通貨は終わりか?といえば、まだまだこれからです!2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、世界中の投資家から注目されてバブル相場となりました。

一旦暴落した後に、2020年の半減期迎え、130万円前後まで価格が復活していますが、仮想通貨はまだスタート地点に立ったばかりで、これからが本当のチャンスです。

仮想通貨はビットコインだけではありません!

ブロックチェーン技術を活用した次世代型仮想通貨(アルトコイン)の誕生で、仮想通貨市場は成長を続けています。

今もっとも注目されているのが、アメリカで成長を続けるDeFi(分散型金融)です。

ビットコインバブルを彷彿させるかのごとく、YFIの上昇率が260%(2020/8/30)を超えました。

ビットコイン誕生からもうすぐ10年!あらゆるアルトコインが開発され、上場を果たしています。

その投資に必要なビットコイン・イーサリアムも高騰しています。

また元手がなくても、FXなどのようにレバレッジ取引をすることもできます。

このブログでは、初心者でも簡単に仮想通貨で稼げると言われる方法を試してみて、稼げたものや損したものなどブログ形式で紹介していきます。

是非、参考にしてくださいね。

仮想通貨で稼ぐおすすめの投資方法

ビットコインを売買して稼ぐ

ビットコイン投資で稼ぐ王道タイプ

ビットコイン投資で稼ぐ方法は、仮想通貨の取引所にアカウントを開設して、ビットコインを売り買いして稼ぎます。安く買って高く売ればその差が利益となります。株で稼ぐ方法に似ていますが、仮想通貨のビットコインは24時間取引が可能なので、日中売買ができない忙しい主婦やサラリーマンの副業に人気が出ています。

積立投資して稼ぐ

積立投資で稼ぐ

仮想通貨やビットコインは、ボラリティ(価格の上下動)がとても大きく、稼げるときは稼げますが、損をするときもあり、初心者だけでなく投資の上級者でもトレードが難しいのが現状です。

しかしビットコインや仮想通貨への期待は大きいため、投資しない手はありません。そこで初心者におすすめなのが、投資信託やETFなどのインデックス投資でよくみられる手法【積立投資】です。ビットコインの積立投資なら、ドルコスト平均法でコインと買っていくため、時間毎の価格変動が気にならないばかりか、ほっておくだけで購入枚数が増えていくメリットがあります。まだ仮想通貨・ビットコインの積立投資ができる取引所は多くありませんが、当ブログでも推奨しているコインチェックなら、初心者でも簡単設定で始めることが可能です。

仮想通貨で億り人(億万長者)が続出

仮想通貨ってどれだけ稼げるの

仮想通貨はコモディティ投資商品としての地位を確立しつつある

今から3年前2013年に「ビットコイン」は過去最高の価値を付け、誰も怪しいと信じなかった仮想通貨に投資した人たちは、大きなチャンスを掴みました。
その倍率はなんと14万倍です。つまり1,000円でも投資していた人は1億4000万円もの富を手に入れました。

こうして投資してチャンスを掴んだ投資家は、『ビットコイン長者・億り人』と呼ばれています。

著名なビットコイン長者

  • ジャレッド・ケンナ:推定資産5億円
  • ウィンクルヴォス兄弟:推定資産11億円
  • クリストファー・コッホ :資産1億円
  • ロジャー・バー:推定資産17億円

ただ、現在はボラリティの高いハイリスク・ハイリターンの投資ではなく、金や石油などのコモディティ投資商品の1つとして、世界の投資家のポートフォリオに組み込まれ始めています。

つまり、今までは一部の人しか投資してこなかったビットコインも、世界を代表する投資家の資金が、ビットコインを代表する仮想通貨に投資され始めています。2020年のコロナショックにより、株式市場が大暴落を起こしましたが、ビットコインを含む仮想通貨の変動は下がるどころか上昇しています。

今まで現物資産といえば、「金(ゴールド)」でしたが、もしかすると仮想通貨・ビットコインになる日が近いかもしれません。こそが本当の意味での『仮想通貨の時代』と言われる所以です。

ビットコイン長者だけに留まりません

実は、価格が高騰しているのはビットコインだけなく、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の銘柄についても、次らから次へと出てきて、何倍もの価値を付けています。だからこそ今仮想通貨への投資が注目されています。

これを見ると、もっと前から始めるおけばよかった・・・。と思うかもしれませんが、2020年にも大暴騰している銘柄はいくつも誕生しています。

アルトコインの成長率一覧
名称価格特徴
ETH988円→2万9394円
(成長率:29.7倍)
世界第2位の定番仮想通貨
XRP0.77円→20.92円
(成長率:27.1倍)
銀行間の国際送金コスト削減に期待大
XEM0.43円→4.85円
(成長率:57.7倍)
日本での情報が豊富な仮想通貨
LTC531円→6110円
(成長率:11.5倍)
ビットコインよりも送金スピードが速い
DASH1377円→3万3061円
(成長率:24倍)
匿名性の高い取引が可能
LISK17.9円→645円
(成長率:36倍)
イーサリアム同様の仕組みを持つがハッキングに強い

2020年は、分散型金融Defiが注目され、Defiに関連するYFIやMKR、KNC、COMP、0xに人気が出ています。
2020年もこのチャンスに上手く乗り『億り人』呼ばれる、1億円以上稼ぐ人がまだまだ出てくると予想されています。

仮想通貨の波に乗るか乗らないかは、あなた次第です。

仮想通貨に投資して稼ぎたいならまずは取引所を開設しよう

仮想通貨は儲かる!という言葉が一人歩きしているようにも感じますが、実はあながちウソではありません!2016年からビットコインで稼ぐ方法を研究してようやく分かった事があります。それは、今後普及する銘柄をリサーチし、その銘柄に投資しておけば価値が上がった時に売ればいいだけです。
先見性を持って、ビットコインやアルトコインを見極め、価値が上がる前にその銘柄を持つだけで、今後資産価値が上がる可能性がかなり高まります。

本当にそんなことがあるの?と疑問に思う方も多いと思いますが、結果を見れば一目瞭然です。本屋にいけばかなり多くの書籍が並んでいますし、TVニュースや日経新聞や週刊誌などにも多く特集されるようになってきた事がその証拠です。

ただ、相場は生き物と例えられるように、すぐに反応することが求められます。ビットコインが高くなったら始めよう…では遅すぎます。いつでも相場に対応できるように、仮想通貨の取引所の1つや2つくらいは、開設しておきましょう。

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設して仮想通貨のビットコインやイーサリアムを買ってみよう!

2016.07.18

仮想通貨の将来性と現実

仮想通貨が今後どのように発展していくかを左右するのは、やはり安全性です。コインチェックやZaifのハッキング事件で、仮想通貨は怪しいというイメージが定着してしまいました。

しかし、そのネガティブなイメージは、少しずつ改善されつつあります。

日本は、世界に先駆けて「一般社団法人:日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」が設立されました。また金融庁による業務改善命令が出されたり、国税庁より確定申告の明確化が進んでいます。日本が世界に先立てて施行した『仮想通貨法』だけでなく、G20でも国際的な課税制度を2020年までに設立を検討しています。

このように、仮想通貨を安全に普及できるような仕組み作りが急速に進んでいます。このことを考えると、将来性は明るいといえます。

まだ一部メディアでは、ビットコインバブルや加熱しすぎとの見方もありますが、ビットコインを筆頭にブロックチェーンという高度な技術で成り立っているのが仮想通貨です。
だからこそ仮想通貨に投資するなら本当に今がチャンスです。

まだ情報が広まり始めたタイミングで、複数の銘柄に投資し、近い将来価値の上昇に備えることをおすすめします。

仮想通貨の投資で失敗しない銘柄の選び方

儲かる仮想通貨の選び方

取引量のボリュームはあるのか?

一般市場に取引所がオープンしているか

仮想通貨の取引高が多い銘柄は値段が上がりやすい傾向にあります。逆に流通が少なければ売れない事も。

ブロックチェーン技術は確かか?

ブロックチェーンが使用されているか?

高度な暗号技術で作られたブロックチェーン技術がなければ、仮想通貨に価値がつかないリスクが高まります。

ホワイトペーパーはあるのか?

ホワイトペーパーはあるのか

仮想通貨には、ホワイトペーパー(仕様書)というものがあります。ホワイトペーパーは、将来性の判断材料にもなりとても重要です。

日本円・BTCに換金できるか?

日本に取引所があるか?

仮想通貨を購入する場合、日本円・ビットコインに換金できるか?が大切です。独自ポイントに交換するものは、換金できないリスクもあるので要注意です。

仮想通貨の投資のリスクも視野に入れましょう

バブル崩壊後の仮想通貨への投資は今がチャンス?

仮想通貨の投資では、短期間でトレードして稼ぐ方法から、とりあえず買っておいて、あとは放置するだけの方法でも、資産を増やすことが可能です。

『仮想通貨元年』と呼ばれた2017年。そして大暴落をした2018年。そして上昇トレンドの2020年。

4年後の2024年のビットコインの半減期では、実物資産であるゴールド(金)の希少性を上回るとの見解も出ています。(米金融大手フィデリティのデジタル部門「Fidelity Digital Asset(FDA)発表)。

ビットコインなどの仮想通貨は、将来性が高いという裏返しなので、まさに今が大きく稼ぐチャンスですが、100%全ての銘柄で価格が高騰しているわけではありません。

またビットコインは、海外のニュースの影響で一日10%前後価格が推移したり、クジラと呼ばれる大口投資家の大量売りや大量買で、乱高下を繰り返すこともあります。そこでグッと我慢して持ち続けることができるか?チャンスだ!といってエントリーできるのか?これこそが仮想通貨の投資で成功できるのか?できないのか?分かれ道になってきます。

仮想通貨の投資リスクとは

仮想通貨の投資にはリスクがないかというと、リスクは必ずあります。

  • 価格下落のリスク
  • 上場廃止のリスク
  • 取引所の倒産リスク
  • ハッキングのリスク
  • ID・パスワードの紛失リスク

これらは、仮想通貨だけでなく、投資全般に言える事だと思います。

投資が初めての方に多いのが、上がったり下がったりするチャートに一喜一憂したり、気になりすぎて日常生活に支障をきたすケースです。

特にSNSで拡散されるニュースや、チャットの煽りなどに惑わされることのないように、客観的に投資をしましょう。そんな時に利益を上げるためにも、是非下記の言葉を覚えておいてください。

仮想通貨で稼ぎ続ける為に

  • 仮想通貨は、安くなったら買い、価格が上がったら売る
  • チャットや数多くある情報に惑わされない
  • 損切りのタイミングを見極め、ホールドが一番儲かるということはないと意識する

仮想通貨の投資のリスクを知り、ちゃんとした対策をすればリスクヘッジは可能です。また稼いだ利益は、きちんと確定申告をして納税をしましょう。一部税金が高い!などと脱税方法を解説されているサイトもありますが、税務調査を受けた立場からすると信用してはいけません。しっかり稼いでしっかりと納税するということを意識しましょう。

取引所を開設して仮想通貨の投資を始めよう

これから仮想通貨を始めたいけれど、どうやって購入すればいいのか?詐欺や破綻リスクの少ない取引所での購入方法を探している方や、すぐにビットコインを購入してみたい方は、おすすめの取引所をランキング形式で紹介していますので、是非参考にしてみてください。

初心者におすすめの仮想通貨取引所の人気比較ランキング

2016.07.05

仮想通貨への投資で大切なのは、どの銘柄を選ぶのかということです。ビットコインなどのチャートを毎日見たりして投資のタイミングを掴もう。

仮想通貨の投資ブログ一押し、取引所は「コインチェック」

coincheck(コインチェック)の登録・口座開設して仮想通貨のビットコインやイーサリアムを買ってみよう!

2016.07.18